--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2017.07.15

2017ドミニオン日本選手権(予選)レポ

2017年日本選手権のレポになります。
結果から先に言うと28位で予選敗退となりました。

●1回戦目 2番手
民兵、書庫、執事、鉱山の村、橋
改良、原住民の村、海の妖婆、海賊船、宝の地図

多分1位を取るためには橋を絡めたコンボに行く必要がある。
村は2種あるのでアクションは足りてて、
ビッグブリッジとはいかなくても橋2、3枚を書庫で引き切るのがゴール。

勿論書庫ステロは2位を狙える手だが、海の妖婆がつらいのと、
どう無理しても橋が1枚ぐらいしか入らないので山を枯らすことができない。
書庫ステロで1位を取るのは購入数の差でほぼほぼ絶望的。

書庫ステロルートも確実に2位になるわけではないのでコンボルートを取る。

もちろんコンボルートはパーツ集めの際に3山切れが怖く
頓死してしまい順位が振るわない可能性もありますが、
1位を1度以上は取らなければいけない大会では消極的すぎます。

妖婆は執事があるので微妙。
買うなら初手ですが、割と5金出してドローの書庫が欲しい場なので
そのメリットを無視してまでそこまで強くない呪いを巻くのは弱いと思います。

海賊船は海賊船、執事から狙う価値はありそうだが、
コイントークンが4枚たまるまで大体8ターンぐらいで、
そこから属州1枚ずつ買うとして、書庫ステロと大差なさそう。

だったら分散の少ない書庫ステロの方が強いと思います。
書庫ステロを潰せるというメリットはありますが、2位狙いの人をわざわざ落として2位を狙うのも微妙だと思います。

というわけでルートを考察したうえで初手2金。

コンボパーツとして書庫が欲しいので初手で買えるのは相当な手数圧縮になります。
なので初手は原住民の村-書庫スタートしました。

勿論改良も選択肢ですが、改良で屋敷を廃棄するなら執事の必要がなく
銅貨を廃棄するか屋敷を銀貨にするかのカードにしかならなそう。

それよりは書庫で回転率を上げる方がメリットがあるので書庫選択です。

1番手 民兵-銀
2番手 原住民の村-書庫(私)
3番手 執事-鉱山の村
4番手 執事-橋

私の展開は2巡目に書庫が底ってしまう。
3,4ターン目に執事-原住民の村と買い
4ターン目に原住民でしまったら書庫がしまわれて、
5ターン目に原住民から書庫を打つも執事が引けず廃棄ができない。
そこで6金が出たが改良を買う気にもならず、
(次のターンほぼほぼ屋敷2枚を執事で廃棄できる)
4番手が3,4ターン目をパーツ集め、廃棄とできているので
書庫ステロで2位狙いを考え、金貨を購入する。

3番手は2巡目で執事で2金を選択していたのでおそらく脱落。
1番手は2巡目で5-5出て書庫→改良と買っていた。

気づくべきでした。1,3番手はあまりドミニオンに慣れていない。
私が金貨を買ったことでつられて1,3番手が金貨購入ルートを取る。

結果わかってる4番手しか橋を買わないという異常事態が起きて、
3山プレッシャーもなく4番手に原住民の橋を決められてしまう。

途中から4番手1位が確定してしまい2位狙いとなるが、
最初からステロルートを見据えてた私が属州3枚買い2位でゲーム終了。

5ターン目で金貨購入は、橋購入でも十分間に合った説はありますね。
理論値は書庫ドロー後に執事廃棄橋獲得で、
それができなかったのであっさりステロに切り替えましたが、
周りの習熟度を見て6金でも橋を取る意志力が必要だったかもです。

2位


●2回戦目 3番手
役人、庭園、魔女、中庭、交易場
公爵、大使、密輸人、引揚水夫、バザー

まず一番強そうなのが公領公爵。

そして大使について。大使は一人大使なら大使側が勝ちます。
2人大使だと1枚ずつしか圧縮できず足を引っ張り合うので微妙。
執事と違い確定2枚廃棄でないのも痛く、相当失速する印象です。

なので最初の一人になる勇気は日本選手権ではなく、
やるなら大使-大使からマウントを取るのが強いのですが、
そこまでの猶予はこのサプライではないので大使はいかないつもり。

1番手二番手が中庭からスタートして4金。
役人で銀貨を集めるのが公爵ルートに行きやすく、
中庭を打てば8金も出る可能性があるので初手役人。

1番手 中庭-魔女
2番手 中庭-交易場
3番手 役人-銀
4番手 役人-銀

1,2番手が2-5スタートなのですが、
1番手魔女が相当怖い、そして2番手が無視したのも相当怖い。

このまま魔女一人だと1位1番手、2位2番手になる未来が見えるので
流石に魔女を入れざる得ない状況(多分2番手は魔女を受けきる気)。

なので2巡目に5金を出して魔女を入れる必要が出てきたので、
3金は中庭ではなく銀貨を購入。

3巡目に魔女を打つなら中庭よりも銀貨の方がいいと判断したのですが、
考えたら役人で銀貨を乗せるので4ターン目中庭はシャッフルが入りませんね。
なので3金は中庭でよかったと思います。

まぁつまり魔女を買う仕事をされて、
4番手は魔女を入れずに役人3枚入れての受けきり体制だったので
すでに4番手の下位互換になっていました。

密輸人を2回打つタイミングがありましたがどちらも銅貨。
なぜか庭園が2枚しか買えず、
属州1枚、公領3枚、公爵3枚、庭園2枚、屋敷いっぱいという結果。

1位は庭園が5枚買って4点の4番手。37VP
2位私34VP、3位二番手33VP、4位1番手32VPと接戦でしたが何とか2位。

公領は全員で3枚ずつ分けてたので庭園と属州差がゲームを分けました。


●3回戦 3番手
木こり、鍛冶屋、書庫、秘密の部屋、貧民街
寵臣、拷問人、停泊所、見張り、島

これは2-5引いた人が勝つゲームじゃな?
多分寵臣を停泊所でしまって拷問人ロックを躱すのが良さそう。

1番手 銀-島
2番手 木こり-見張り
3番手 見張り-貧民街(私)
4番手 見張り-貧民街

1番手は3山切れを見越した逃げ切り。
木こりは絶対に欲しいのだけど、別に2巡目では欲しくないので、
パーツ集めとデッキ回転を考えて見張り-貧民街。

どうやらこの卓では寵臣を集めることが一番という認識。
私は書庫が後で入る事と、寵臣で回す方が事故率が少ないという理由で寵臣を集めました。

結果、寵臣は4番手が4枚、私と2番手が3枚という結果。

秘密の部屋で事故率を減らしつつ、書庫を2枚入れて回す方針。
2番手は金貨、書庫を買い属州を狙うルート。
4番手は寵臣を集めた後拷問人を入れて1番手をいじめる。

別に負ける気はなかったけど、
銅貨3枚寵臣1枚書庫1枚貧民街1枚のデッキで見張りを打つと
アクション3枚がめくれてしまい、貧民街を廃棄。

この手数損が大きく、その後の8金2buyで属州ではなく、
拷問人、貧民街と買いなおす。

ただこの時すでに試合終了10分コールがあったので、属州を買うべきだった。

そして本日最大のプレミ。
銅貨4枚とアクションいっぱい、それ以外が3枚のデッキで
寵臣で4金を出してターミナルアクションとして書庫をプレイ。

手札4枚に銅貨3枚勝利点1枚の状態でデッキ3枚(全部アクション)。
この書庫の処理中にタイムアップコールが出たのに気を取られて、
引いたアクションを手札に加えてしまう。

2枚目引いたときに気づいたけどもう戻せないからとそのまま3枚引いてしまう。え?なんで?

ここで銅貨を1枚でも手札に加えられたら8金出て属州が買えた。

そうすれば4位から2位になってた。私ってほんとばか。

属州2枚公領1呪い1で14VP4位
1位は書庫銀の2番手19VP
2位は寵臣拷問人の4番手16VP
3位は島戦術の1番手15VP

初手から全力島ルートは結局4位の戦術な気がする。

4位


●4回戦 2番手
村、改築、金貸し、銅細工師、共謀者
偵察員、貴族、抑留、策士、探検家

もう本線出場は絶望的だが最後までやる。
購入が増えないので策士には触る必要がありそう。

1番手 金貸し-村
2番手 改築-村
3番手 銅細工師-銀
4番手 金貸し-村

序盤の共謀者の許容枚数は村の枚数に比例するし、
貴族を買うにしても村の枚数が欲しいので初手から全力村。

最終的には私は村を4枚とりつつ、残り1枚の村に抑留トークンを置いた。

2巡目に5金を出す必要性を感じなかったので金貸しではなく改築。
改築の獲得数増加のメリットの方が大きいと感じました。

1番手が割と理論値を出していましたが、策士に触らなかったので
属州に抑留トークンを置いてスピードダウン。

私は6ターン目に策士購入。
7ターン目に銀貨を改築で策士にしながら策士をプレイできる。
最強に運がよかった。

そこからは毎ターン策士を張れる状況になったのでそのまま勝ち。
探検家策士ループは思いつかなかったですが、
その時点で私の独壇場の雰囲気だったので早めに終わらせるために適当プレイして1位

1位

というわけで2-2-4-1で勝ち点12で0.5点足りずに本戦出場できず。
(後ひとり辞退者がいたら本戦出場できたのは内緒)

3戦目は後悔が残りますが、他はちゃんとドミニオンできてたと思います。

やっぱり悩みながら苦しみながらのドミニオンは楽しい。
まぁぶっちゃけやりたりない不完全燃焼感はありますが、
このもやもやは来年の日本選手権まで取っておきましょう。

開催していただいたホビージャパン様。
対戦してくれた皆様。楽しい時間をありがとうございました。
スポンサーサイト

Posted at 04:09 | ドミニオン | COM(0) | TB(0) |
2017.06.12

ドミニオンオンライン大会振り返り(決勝)

ドミニオンオンライン大会決勝の振り返りです。
対戦相手はauto_PPさん。予選で勝ったと思ったらまた会いました。

1戦目 後攻 属州-屋敷場
auto1.png

アタックが強烈だが灯台がある。灯台はマスト。
購入が増えないので、replaceも早い段階で欲しい。
購入が増えないので銅貨を陣地にして圧縮し金量を減らしても問題ないし。

ルートはreplaceで金貨を取りつつ陣地で引いて角笛で属州を集めるルートを見据えます。

そして私は吟遊詩人-灯台の初手を取る。
悪手です。2巡目5金発生率が重要なので初手は灯台-灯台の方が安定です。

なんで吟遊詩人を取ったのかというと、灯台は3枚以上入れたくない&replaceを打つ回数が必要で回転率を上げたいと思ったからです。いやその初手の2巡目5金確率を考えろよ。

ただ結果としては吟遊詩人が底り3ターン目2金4ターン目5金とでたので灯台-灯台の初手よりも強い動きができました。lucky me!

その後、相手はreplaceを軸にシルクルートを取る。戦場があるからでしょう。

さて、私は初手の段階でシルクルートを切ってました。
シルクや庭園といった特殊勝利点戦術は、
点数よりもいかに早くゲーム終了させるかが大事だと思っていて、
高々12点、このサプライでは1ターン分にしかならない優位では獲得手段の少ないこのサプライでシルクは絶対に勝てないと思ったからです。

とかいっといて途中私も相手より強い形でシルクに舵切りできるタイミングがあり、ここはシルク行った方がいいのか!?と相当悩んでましたが、鋼の意思でシルクを無視しました。

結果、戦場の12点全て取られるも割と3山終了に余裕を持った状態で角笛を決めることができ勝ちきることができました。

もちろんシルクを1枚5点にされると相手の最終点数は40+12+11+3で66点と到底追いつけないですが、そこら辺は鹵獲品と相手より数多く打てるreplace廃棄時の墓標の1点で何とかなるだろうと踏んでました。

ちなみにあとで配信を見て、途中吟遊詩人をreplaceで金貨にして陣地で引けばいいじゃんって言われてて確かにと思いました。思いついてなかった。

金貨の獲得手段はreplaceだと考えてたのに忘れてました。
それができればもう2ターンぐらい早かったかな。

2戦目 後攻 植民地-属州場
auto2.png

当時は色々考えたんだけど、とりあえずこのサプライでちゃんとプレイした場合に予言者って入るのだろうか。

私は入らないと考えました。植民地を目指す最適は守銭奴6金×2っぽくて、購入も増えにくいこのサプライでは金貨すら呪いになりそうです。

だったらこのサプライで5金出す価値は薄く、初手以外で予言者を取ることはありません。

じゃあ初手2-5で取る選択肢は?それでも結局予言者はお互いに呪いを撒いているのと同じで1ターンパスレベルのような気がします。
当時何度も思いましたが予言者で得た金貨で5〜6金だしてもこのサプライでは全く魅力的ではありません。圧縮のための借金の邪魔にもなりそうですし。
相手の3-4スタート守銭奴-借金or工房or原住民の村の方が有利そうで、だったら2-5でも守銭奴-原住民の村の方が戦えそうに思えました。


ここまでちゃんと考えた話。ここで相手は初手で技術者を取りました。
つまり初手守銭奴を取りません。おそらくシルクロードでしょう。

シルクがどこまで強いのか、とりあえず試して見ました。
1.png
2[
3.png
4.png
5.png


大体16ターンで終了し45点前後になります。シルク24点+屋敷4点+ランドマーク14点ぐらいですね。

ちなみに全力守銭奴で後攻想定として、15ターン目には大体50点取れました。
つまりかなりギリギリというわけです。

もちろん守銭奴側もランドマークをカットするべきですが、2金余らせるとかいう舐めプできるほどターンに余裕はなく、守銭奴を打ったターンに守銭奴を買うのが困難なので、原住民の村で稼ぐしかなさそうです。

ちなみにシルクも守銭奴も相手がちゃんと考えて予言者を使わない想定です。
相手のシルクルート見てから予言者2枚さして邪魔をするルートも面白そうですが、工房技術者があり3山が怖いので私はその手は取らないと思います

さて、シルク側が目指す3山、それはシルク、技術者、原住民の村です。

シルクは当然として技術者は2つのランドマークの点数を稼ぐのに重宝しますし、技術者を数多く入れるなら原住民も欲しいです。
最初に示した45点は屋敷は1枚獲得すればよいので屋敷を枯らす必要はありません。

ここで私が懸念したのは原住民の村、
このカードは守銭奴(そして予言者2枚)ルートでも4枚ほどは欲しいカードです。
しかもランドマークをカットするならなおさら欲しい。

つまりどのルートを取ってもシルク側が狙う3山終了を助けてしまいます。
ここで私は3山が怖くて原住民が取れない未来が見えました。

さらに技術者は負債カード。初期デッキでも6巡目には10枚目が買えることが確定してます。
というかシルク3山全力なら購入は全部技術者で良いです。10枚買う間にシルク8枚原住民10枚は技術者で獲得できます。

ここまで考察して気づきましたが3山目を技術者と見た場合、原住民の村はいくらカットしても大して終了ターンは変わらないですね。
や、もちろん原住民の村の代わりに銀貨を取ると負債を返済するペースが早まり終了ターンは早くなりますが、恐らくこのサプライを初見で見て、原住民が枯れたら屋敷ではなく銀貨を取るのが正着と気づく人はほとんどいないでしょう。

当時の結論としてはシルクの(私が買う原住民の村を考慮して)14ターンで
シルク24点+屋敷3点+ランドマーク16~20点(当時の概算)の45点前後は
守銭奴では追いつけないと判断し、シルクルートに行くことを決めました。

前回と違い、ランドマークで得られる点数で2ターン程リミットターンが早まり、
今回は強力な獲得カードがあるためその2ターンが命取りだと思いました。

ここまで思考時間2分。

じゃあ技術者-技術者で相手と同じ初手だね!となりますがそうしませんでした。
相手がシルクで私もシルクを目指す場合のみ、予言者強くね?と思ったからです。

相手の金量と得点を下げて、公領を狙えるので全然悪くはないと思いました。
変容で金貨を公領にもできる。

ここはぶっちゃけ勘です。
今思うと技術者-技術者の方が列柱の点数を稼ぎやすくてよかったとおもいます。

じゃあ最初の2金は原住民の村か?と考えましたが、技術者-技術者の初手で3-4ターン目両方とも公会堂の点数を稼ぐのはそれなりに確率は低いです(15%ほど)。
つまり相手は4ターン目までに3回ほどしか公会堂の点数を稼げません。
逆にわたしはやろうと思えばほぼ確実に3-4ターン目に公会堂の点数がもらえます。じゃあこの2金でもらっておけば公会堂においては高い確率で6-6で分けられると考えました。

今回はお互いシルクなのでこういう細かいVPで負けるのは敗北に直結します。
3巡目のデッキはデッキ枚数15枚に大してアクション3枚で許容範囲ですし、
原住民を買わずに銅貨を取る方が戦いやすいと判断し、銅貨購入-予言者としました。

ここまで2分。考えすぎましたすみません。日本選手権では3分をリミットにします。
解説のうりはりさんにも相当迷惑をおかけしました

結果としては3ターン目銅屋屋屋予言者で公会堂取れず。この屋敷たち仲よすぎ問題。
ここでなぜか技術者を取らず。これが今回の悪手でした。
購入しても次5金確定なので3負債2金技術者で公会堂取れてたやん。
もう考えるの疲れてたと言い訳しときます。

ここからは時期を見てシルクを取り始めました。後で試合を見るとAutoさんが技術者技術者技術者技術者変容という手札になってて腹抱えて笑いました。lucky me!

最後Autoさんが負債1のせいで最後の屋敷1枚を枯らせずにターンが回ってきたので、
それまでの勝利点獲得枚数をログを漁って確認し、
取れば12枚目でシルクがパワーアップすることを確認して取って勝利しました。

stefドミではよくログを漁ってますがリアルではできないですよね。
まぁリアルだったら取らなきゃ負ける精神で結局とるのですが。

というわけで2勝して優勝と相成りました。試合の解説を見て確かにシルクルートは難しいとは思いますが、私がこのサプライの最善が守銭奴と判断したこと、予言者は入らないと判断してしたこと、技術者-村-庭園ルートは密かに研究してて実は終了ターンが早い(15ターンで安定して終了する)ことを知ってたこと、さらにランドマークの点数で植民地ルートのリミットターンはさらに早くなることなどを加味した上でのシルク選択で、特にミスしたとは思ってません。

ミスったのは初手の予言者と、3ターン目のパスでしょうか。
予言者は技術者-技術者の方が強そうですし、3ターン目に至っては思考力が足りなすぎでした。

まぁ色々ありましたが大会というのは運×実力=結果だと考えていて、今回の私は1回戦も準決勝も決勝も運が相当よかったです。ですがその運を活かすことが出来る実力もついてるという事で素直に優勝は喜ばしいです。これで微弱ながら箔もつきました。

え?あのドミニオンオンライン大会で優勝したcha-shuさんをご存知でない!?

とは言いませんが、やっぱり優勝というのは嬉しいです。

ちなみにyzxから優勝商品を頂きました。ありがとうございました。

最後に。
開催して頂いたうりはりさん。対戦して頂いた皆様、ありがとうございました。


Posted at 13:13 | ドミニオン | COM(0) | TB(0) |
2017.06.11

ドミニオンオンライン大会振り返り(1回戦&準決勝)

先日行われたurihariさん主催のドミニオンオンライン大会で優勝しました。
一応決勝トーナメントのサプライの振り返りをしようと思います。

サプライは全てのカードから完全ランダム。
手番関係なく2本先取で勝利となります。

ランドマークとイベントは合わせて0~2枚となります。

今回は1回戦と準決勝を駆け足で行います。

1回戦 vs test00test00さん
1戦目 先行 植民地-屋敷
かも1

施し場。相手が5-2じゃ無いことを祈りながら執事-隠遁者。
相手は執事-採集者。おそらくアクションが被る事を嫌ったのでしょう。

結果としては私は3ターン目廃棄も出来た隠遁者、
4ターン目執事と相手の上位互換の手が取れました。lucky me!

隠遁者は隠遁者を獲得し、施しでアクションを取りつつ狂信者にできます。
銀貨や金貨の枚数を抑えながら白金貨を取るために狂信者は相当役に立つため、この時点で相当有利に。

適当に金貨を入れ、狂信者を使い白金貨を入れて、造幣所を買いつつ適当に狩猟団を7枚集めてggって感じです。
途中余ったからと言って開拓者を入れちゃいましたが、狩猟団の邪魔になるだけでした。ギリギリの勝負じゃお前死んでたぞ。

2戦目 先行 属州-屋敷場
かも2

アクションが増えないけど色々悪いことができるサプライ。
礼拝堂は確定として、片方は5金が欲しかったので銀貨で。

結果3ターン目に5金が出たので保管庫を入れる。
このサプライでは6金で雇人、引いては金貨を買うことが重要と考えたからです。
その差で先に雇人を3枚持続させ、市場を3枚入れ、前哨地を購入。

これで前哨地込みで1ターン属州2枚が買えると思い属州に手をのばす。

しかしここは悪手。ちゃんとわかってる相手は共謀者を集めます。
共謀者3枚で4点。更に相手は前哨地込みで1ターン属州4枚取れる事に気づき、
慌てて私も共謀者を集めました。

しかし後追いしたこともあり16金2buyは中々出せず。
最後は属州を枯らすことも出来ず属州1枚残って16点リードで相手にターンを回す。

前哨地を使えば公領4枚属州1枚など簡単であり、これは負けたと思いました。
かもさんが操作ミスしました。勝ちました。

undo機能は使わない事がルールで明文化されている以上どうしようもなかったです。

後から試合を見返して、相手が共謀者2枚を買った段階で
私は共謀者を無視して属州2枚取れば良かったように思えます。

その時点で属州2枚リードしており、共謀者を無視すれば属州4枚リードでした。
まだ相手は共謀者2枚地図職人2枚で属州2枚×2取るには
デッキパワーが足りないようでしたし、そのまま属州を5~6枚、
公領を1~2枚取れれば相手がどれだけランドマークを集めようと勝てたように思えます。

後追いはいいことないってことですね。

準決勝 vs yudai214さん

ちなみに21:40に開始と言うことでyudai214さんの時間だった。

1戦目 先行 属州-屋敷場
yudai1.png

やばい。行商人を集めて鍛錬で乗せるルートしか見えない。

3金は圧縮意識の執事で良いとして、4金は
アクション枚数を稼ぎたいと思い技術者にしました。

2巡目に技術者廃棄して地下牢を集めて行商人にアクセスしようと思いました。

買った後に気づく。これ橋の下のトロル超重要じゃね?
トロルを買うために初手は執事よりも金貸しじゃね?

準決勝の相手がそんなこと見逃すはずもなく、
金貸し-地下牢の初手を取られて苦しくなる(自業自得)

ちゃんと相手は5金を出して橋の下のトロルを買われ、
私が1枚買う内に相手は2枚目のトロルを買っており、
3購入で行商人を2枚買いつつ鍛錬されてもうこれ無理じゃね?

ここで私の回線が落ちました。

別に勇気の切断というわけでは単なる回線トラブルで、
復旧にも時間がかかってしまいそのまま負けてしまいました。

あのまま続けてても99%負けていたと思うので特に支障なしです。
切り替えて2戦目に移りました。

2戦目 後攻 属州-屋敷場
yudai2.png

勝因:私5-2相手3-4。

sentry-パスから
3ターン目sentry4ターン目sentry5ターン目sentry6ターン目sentryと打てればそりゃ勝てる。
青空市場もリアクションしつつ、途中で出た2金も水道橋で属州分のvpがもらえて、
相手は圧縮が進まないからsentryを3枚入れてるのに私は1枚で十分で
書庫を入れて属州にアクセス。ここまで来ると水道橋も関係なくなりそのまま勝利。

sentryはデッキに有用なカードがある時は圧縮スピードが遅れるので、
初手で買うのと2巡目で買うのは雲泥の差がありますね。

とりあえずlucky me! ということで。

3戦目 先行 属州-屋敷場
yudai3.png

ドローがないのでハンデスが猛威を振るう。
どうしてもデフレ場だが救貧院で属州には困らなそう。
ただ手札3枚スタートがデフォだと思うので
ゴールはならず者×2+救貧院orならず者+救貧院*2。

ただし銅貨は呪いなのでならず者のVP稼ぎに銅貨を使うわけにいかない。
上記の最終形では金量が不足しているのでバザーを入れて金量をまして
その金量で属州+賢者or原住民の村を買うのが良さそう。

どちらにせよ銅貨、屋敷が超邪魔なので廃棄できる魔除けはマスト。
相方は改築、賢者、金物商のいずれかだが、
改築は後半呪いになる。賢者も良いがそれよりは6金出せる可能性があり、
先にならず者を入れる事ができそうな金物商が良いと思い魔除け-金物商。

対戦相手も同じ初手でした。

5ターン目に相手に先んじてならず者を買うことができる。
魔除けは4ターン目の2金を3金に、5ターン目の5金を6金にする以外は全て廃棄。

このサプライ、博物館があるがたかが2点なのでそこまで気にしない。
ただ途中10金2buy出した時にならず者+囲郭村と買ってしまい
そこは金物商の方が良かった。博物館に踊らされてしまった。

お互いならず者を2枚購入した後、相手は7金で賢者+金物商と買っていく。
私はその後もならず者を購入し4枚までデッキに入れる。

どちらもならず者を毎ターン打てなければ負けという認識で、
相手はデッキの回転率を上げて安定して打つデッキ。
私は引切は出来ないけど数があるのでだいたい打てるだろうデッキ。

安定感は私の方が無いですが、
数を集めたお陰でならず者3枚並べられたターンも出来てVPを稼ぐ。

結果的にお互い11ターンぐらいから毎ターンならず者を打てるようになる。

途中私が12金2buyが出せたので属州を買えて、その後から相手は8金がでなくなる。
そのあと3ターンかけて賢者と救貧院を枯らして3山終了。

ならず者を私のほうが先に入れれたお陰で自分と相手のカードが差が

ならず者:4-3
救貧院 :4-2
バザー :3-2
金物商 :4-6

となってデッキが成長するカードを多く入れることができたのが勝因でしょうか?
一度リードすると相手は3山警戒で救貧院を入れられず、私は買えるのでデッキが更に成長したのが大きいように思えます。
なんにせよ5ターン目ならず者購入が勝敗を分けたと思います。lucky me!

というわけで決勝まで進めました。
続きは別記事に纏めます。

Posted at 13:45 | ドミニオン | COM(0) | TB(0) |
2017.06.09

宴会-ヴィラ-凱旋

久しぶりのドミニオンシミュレーション。

この前実際のゲームで宴会-凱旋サプライになり、
購入増やして1ターンに30点行動とかしようと思ったら序盤に他プレイヤーが宴会と凱旋をしまくって銅貨と屋敷を枯らされて負けました。

まぁそんな話は置いておき、宴会-凱旋は強いなぁと思いました。

《宴会》 3コスト イベント
銅貨2枚とコスト5コイン以下の勝利点でないカード1枚を獲得する。

《凱旋》 5借金 イベント
屋敷1枚を獲得する。
そうした場合、このターンあなたが獲得したカード1枚につき、
+1勝利点トークン。

色々考えた結果、ヴィラとの相性が最強であることに気づきました。

《ヴィラ》 4コスト アクション
+2アクション
+1カードを購入
+1コイン
あなたがこのカードを獲得するとき、これをあなたの手札に加え、+1アクション
そしてあなたの購入フェイズである場合、アクションフェイズに戻る。

3金あれば宴会でヴィラと銅貨2枚を獲得後、
凱旋を行えば屋敷+4VPが得られます。

5金出れば宴会ヴィラ→宴会ヴィラ→凱旋で屋敷+7VPですね。強い。

借金を返す必要があるので、実質2ターンで5VP稼ぐルートです。
初手から全開でこのルートを取った場合に強いのか検証しました。

条件
・サプライはヴィラ、宴会、凱旋
・2金以下はパス、3~4金は宴会ヴィラ→凱旋、
 5金は宴会ヴィラ→宴会ヴィラ→凱旋
・もし最初の手札にヴィラがあれば、銅貨を購入し獲得VPを上げる
・ヴィラもしくは屋敷が枯れた時点で終了。
・銅貨枯れは考慮しない。

とりあえず1000回試行してみました。

【平均ターン(ヴィラ、屋敷枯れの合算)】
15.97T
【シミュレート終了時のVP】
50.148
【終了原因】
ヴィラ、屋敷が同時枯れ:224試合(22.4%)
屋敷のみが枯れる:703試合(70.3%)
ヴィラのみが枯れる:73試合(7.3%)

結果だけ見ると、16ターンで50VPと属州8枚を超えました。
最速は15ターンですが、だいたい一度は2金以下出てる感じですね。

ただヴィラというカードはどのルートでも
獲得する価値のあるカードなので、ここまで独占は出来なさそう。

一応ヴィラよりも先に屋敷が枯れることが多く、
屋敷がなくなり凱旋ができなくなったらこのルートのヴィラに価値はないのでそこまで問題ではないのかも。

問題はこれでゲームが終わりってわけでは無いところですね。
5金は出やすいデッキなので公領を買い、5金でなければ宴会をして銅貨の山を枯らしに行くことになると思います。

あとこれは2人戦想定の話なので、
4人戦で二人がこのルートを選ぶと終了ターンはもっと早くなります。
2人でやると12ターン35VP程度でしょう。
属州5枚分+公領なのでなかなかこれに追いつくのは難しいのでは?

というわけで久しぶりのシミュレーションでした。

Posted at 20:09 | ドミニオン | COM(0) | TB(0) |
2017.06.03

6/3しゃべドミスイスドロー反省会

6/4に開催された
しゃべドミスイスドローの反省会になります。

結果は2-2(同着)-4-4でドベ2でした。ダメダメでした。

●1戦目 4人戦
1戦目

3番手3-4スタート
技術者で集めて果樹園で4VP増えるのが強そう
ということで初手は技術者-技術者。
4人全員同じ初手でした。ですよねー

ところが1番手2番手が残った2枚の技術者を取らなかったので
3番手4番手が技術者3枚目を獲得する。

その後は1番手2番手は唯一の低コストドローカードである
女魔術師を集めて回転率を上げて技術者を使うルート

なのでエンドアクションが多くても女魔術師の書き換え効果で
無駄にはならなそうなので、玉座をいれる。

色々あったのですが、
その後村が枯れて、1番手と2番手が技術者の山を失念してて
そろそろ3山切れが近そうという認識がなかったらしい。

これは勝利点を集めてる場合じゃないと考え3枚集めてたが、
4番手が技術者2枚を廃棄して4枚獲得しながら3山切らせて、
屋敷を購入したのでその屋敷差で負けて2位でした。

多分8ターンでゲーム終了しました。

最善ルートは取れてたつもりでしたが、
ゲーム終了タイミングをもう少し意識するべきでした。

私の最後の購入時点では4枚はそうそう枯れないと
高をくくっていたのが敗因でした。
技術者2枚廃棄で達成なのだから全然ありえましたね。

反省の残る1戦でした。


●2戦目 4人戦
2戦目

2番手3-4スタート
塔があり廃棄があり技術者があり戦車競走がある。
4-3なら生贄-技術者で戦車競走を集めても良いですが
3-4で村も無いので素直に書庫ステロしました。

妨害カードがハンデスしかなくて、
書庫には基本的には効かないのでステロがやっぱり強そう

初手は生贄が最善手だと思いましたが、
1番手が4金で宰相を購入したのでここで民兵を取れば
最上位手番の民兵になること。

もし下位手番が生贄を買った場合、
民兵の刺さり方次第で2巡目に5金がでない可能性があること。

このサプライは制圧で銀貨を2枚とってデッキが厚くなるので、
書庫の枚数は多く集めても良くて5金到達回数は多くしたいこと。

色々加味して民兵を選びました。
まぁ上位手番の民兵を取っていればステロ場で
2位にはなれるだろうとも考えていました。

結果3番手は生贄-銀
4番手が民兵-銀

そして3番手は2巡目に5金がでる。ぐぬぬ。
その後は書庫を3枚入れて、
金貨を入れずに制圧で銀貨とVPを集めるも、
書庫が底で2枚被ったりして、1番手と同着2位でした。

1位は生贄-銀で2巡目5金だした3番手でした。ですよねー。
うーん、やっぱり生贄-銀だったかなー。


●3戦目 4人戦
3戦目

3番手3-4
博物館があって種類を集めたいけど、
エンドアクションが多すぎる。

どう考えても研究所を数多く集めた人が勝ちそうなので
初手は5金率を高めたく思い掘削×2+投石機にする。
投石機は圧縮意識ですね。

しかし2番手の投石機ハンデスで私の5金が阻止される。
結局研究所は3枚取れたが、1番手に4枚取られて
1番手は圧縮も終了しているのでもう絶対に勝てない状況に。

仕方ないので2着狙いに切り替える。
が、健闘むなしく4位。

4番手は研究所を集めずに掘削で銀貨をいっぱい集めて
公領を集めるルートで2位でした。
1位属州6枚、その他属州2枚ずつで属州枚数は同じですが、
その公領差で負けました。
確かに2位を狙うならそのルートでもよかったかも。

研究所3枚取った後は銀貨マシマシにして
属州をもっと狙うべきでしたね。

先に種類を集めましたが、それよりも銀貨をまず集めて、
5-7金だして銀貨を取りながら種類を集めた方が
成長率は良かったですね。

結局博物館は皆意識するのでそこで差をつけるのは
あまり考えなくてよいかも。


●4回戦 4人戦
4戦目

1番手4-3スタート
1番手なのに徴税場。悲しい。

魔女が最優先で、負債も持ち込みたくないので
銀-銀スタート。

この場は技術者を取って城2枚獲得ができ、
城の成長も改築で行えます。

魔女の呪いのせいで場が遅くなるので
属州も取りづらく、城が間に合いますね。
多分いちばん正しいルートな気がします。

そのルートを取ったのが4番手だったので
4番手がそのまま勝利。

後は汚された神殿も4番手が取って、
大体9VP程稼がれました。

汚された神殿も下位手番有利ランドマークなのかな。

流石に魔女が横行するので堀をもっと多く
入れるべきだった気がする。反省。

2番手は堀を集めて呪いを防ぎつつ
生贄で堀を廃棄してデッキを回すデッキ。

3番手は魔女ステロをしてました。

私は金貨を6枚程いれて改築も3枚入れたのですが
属州1枚しか買えずに堀も少なくて呪いを多く貰い4位。

金貨入れすぎだったかなー。
公共広場をもうちょっと入れたほうが良かったのかな。

金量意識しての金貨投入でしたが、
公共広場は手札が減らないので出力は落ちず、
呪いでデッキが汚れているので
公共広場でも金貨並みの出力は出せたのかも。

改築と揃えるためにも使えるし。


というわけで反省が残る大会でした。
3戦目の圧縮意識、4戦目のルート見落としは反省点です。

しかしよい緊張感で試合をすることができました。
開催して頂いたヒロタシさん。
対戦して頂いた皆様、ありがとうございました。

Posted at 15:31 | ドミニオン | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。